よくある質問

他の不動産会社で旧耐震基準のマンションを勧められたが、危険ではないのか?

当社では旧耐震基準のマンションの購入はお勧めしません。旧耐震基準のマンションを購入する際は、

①そのマンションは耐震診断を実施しているか?

②耐震診断の結果、耐震性に問題が無いと判定されているか?

この2点の確認をお勧めします。地震大国日本。その地震対策が万全でない建築物は「資産」とは呼びにくいでしょう。倒壊して大切な家族の命を奪う、倒壊しないまでも大破して解体費用・再建築費用を負担しなければなくなったら、人生設計が大きく狂ってしまいます。また、人口減・家余り社会の中で、わざわざ旧耐震マンションを選択する理由もないので、リセール市場での商品価値は大きく低下するでしょう。

構造(スケルトン)をリフォームして耐震性を向上したり、雨漏れの修繕、劣化の改善した場合には、資産価値向上する場合がありますが、内装(インフィル)にお金をかけてもリセールバリュー(再販価値)はほとんど向上しないといっても過言ではありません。こだわりのリフォームを実施すればするほど、次の購入者にとっては不都合になる場合が多いものです。また、不動産の資産価値は「立地」です。空き家だらけの団地に大金をつぎ込んでリフォームしたとしても、その立地の団地にそもそもニーズが無ければ売却は困難です。内装リフォームはあくまで趣味・嗜好であり資産価値とは無縁であることを割り切る必要があります。

購入価格500万円の団地に1500万円くらい費用をかけて内装をリフォームしようと思うのだが、かかったリフォーム代金程度の資産価値向上は見込めるか?

昨今のリノベーションブームもあり、建築の知識や技術力が無い会社でもデザインのことばかりをPRしてリフォーム工事を請け負っている会社が多く存在するようです。特に、施工事例がほとんどマンションの会社は要注意です。建築の知識や技術に乏しいリフォーム事業者に施工を依頼すれば、顧客の言うとおりに自由に壁を取るなど、耐震性を落とすような工事をしてしまいかねません。以下にその会社の知識・技術力を推し量るための基準を列挙します。該当しない項目が1つでもあるようであれば、他のリフォーム会社に依頼されることをお勧めします。

中古一戸建てのリフォームを考えているのですが、依頼しようと思うリフォーム会社の実績がマンションばかりで不安です。

  • 建設業の許可を取得している
  • 建築士事務所登録をしている
  • 瑕疵保険法人へ検査会社登録をしている
  • 既存住宅現況検査技術者が在籍している
  • 耐震基準適合証明書の発行実績がある
  • 建設工事賠償責任保険に加入している
  • 業法違反などの指導を受けていない

昨今のリノベーションブームもあり、建築の知識や技術力が無い会社でもデザインのことばかりをPRしてリフォーム工事を請け負っている会社が多く存在するようです。特に、施工事例がほとんどマンションの会社は要注意です。建築の知識や技術に乏しいリフォーム事業者に施工を依頼すれば、顧客の言うとおりに自由に壁を取るなど、耐震性を落とすような工事をしてしまいかねません。以下にその会社の知識・技術力を推し量るための基準を列挙します。該当しない項目が1つでもあるようであれば、他のリフォーム会社に依頼されることをお勧めします。

リフォームを依頼しようと思っている会社の技術力を判断する方法は?

質問1

旧耐震基準のマンションの耐震性は大丈夫なのか?

回答1

旧耐震基準のマンションは危険です。

質問2

1000万円を超えるような大規模内装リフォームをした場合、資産価値は向上するか?

回答2

資産価値はほとんど向上しません

質問3

リフォームを依頼しようと思っている会社の技術力を判断する方法は?

回答3

以下の基準を参考にしてください

質問4

リフォームを依頼しようと思っている会社の技術力を判断する方法は?

中古一戸建てのリフォームを考えているのですが、依頼しようと思うリフォーム会社の実績がマンションばかりで不安です。

回答4